かっこいいデザインのサッカーユニフォームの特長
2017.05.23

ユニフォーム(5)ピッチに立つ選手たちが、揃って身に着けるかっこいいサッカーユニフォームは、人気や憧れの象徴です。これからサッカーユニフォームをオーダーする人は、機能性や予算だけでなくデザインにも、こだわりお気に入りのユニフォームを仕上げましょう。
新設チームの場合、まずはチームカラーを決定する必要がありす。チームカラーは、サッカーユニフォームを作成するときにも生地色の基盤となります。曖昧な色味よりも、ぱきっとした存在感のあるカラーがおすすめです。Jリーグの公式チームを見ても、赤・青・黄などの鮮やかなカラーのサッカーユニフォームは人気があります。グリーンのピッチでも目を惹くため、魅力的なデザインを演出しやすく、好まれているのです。
ユニフォームは、チームカラーが目立ちさえすれば一色刷りである必要はありません。ショーツやシャツの細部には他の色を取り入れることで、メリハリのあるかっこいいデザインが実現できます。特に、首まわり、肩まわり、脇腹などのサイド部分には、ブラックやホワイトなどどんな色とも馴染みやすいカラーを取り入れることで印象が大きく変わります。ストライプやボーダーなどの柄を取り入れても、手軽により鮮やかな印象を実現できるのでおすすめです。注意点は「あくまでチームカラーを基調とすること」。例えばチームカラーはイエローなのに、かっこいいデザインを実現するため差し色として水色を取り入れたら、かえってそちらの方が目立ってしまった…となれば混乱を招いてしまいます。デザイン性を求めるだけでなく、相手チームの選手や観客にとって「見やすく、あのチームだと分かりやすいデザイン」を目指しましょう。
どうしても「かっこいいサッカーユニフォームのデザインを作り上げることに、自信がない!」というときには、デザインシュミレーターを利用しましょう。サッカーユニフォームの通販サイトで、オリジナルデザインのオーダーを承っている会社は、人気デザインの特長を押さえたサンプルを多数保有しています。サイトにアクセスすることで、実際にシャツの素材、カラー、シルエット、ショーツやストッキングのパターンなどを組み合わせながら具体的にイメージできます。
こうしたツールを使えば、既存のデザインから選択し、組み合わせるだけで完成まで導くことができます。「デザインのルールが分からない」「かっこいいデザインのコツを知らない」という人でも、簡単に魅力的なサッカーユニフォームを作成できます。もちろん色味を調整したり、部分的にオリジナリティを取り入れたりすることも可能です。「他のチームとは違った、自分たちだけの魅力的なデザインを見つけたい!」というときにはまず基盤となるデザインを検討した上で、色、素材、シルエットの組み合わせなどあらゆるパターンを試してみましょう。魅力的なデザインは、チームの団結力を強化する上でも効果的ですよ。

▲ ページトップへ